いもと内科クリニック
Home > 胃内視鏡検査(胃カメラ)について

胃がん・食道がんなどは、初期の頃には自覚症状はほとんどありません。そのため、何らかの症状が出始めたときにはすでに進行しているケースが多いのが現状です。 がんをはじめとする病気の早期発見・早期治療のためにも、定期的に内視鏡検査を受けましょう。 検査は内視鏡専門医の資格を持つ院長が担当するため、どうぞ安心してお受けください。 なお、カメラが苦手な方には鼻より挿入できる経鼻内視鏡を用います。精密検査が必要な方は、超高画質と狭帯域光観(NBI)が可能な細径胃内視鏡を用います。ご希望の方には鎮静剤の使用も積極的に行っております。

 

次のような症状がある方は、胃内視鏡検査をおすすめします。

□胃バリウム検査異常 □胃痛、胃不快感 □胸やけ、げっぷ □ピロリ菌陽性の方
□血縁者にピロリ菌陽性・胃がんを患った方がいる
□ピロリ菌除菌治療後の方 □自覚症状はなくても検査を受けてみたいと思われる方

 

いもと内科クリニックでは・・

・絶食で来院した場合は可能な限り同日施行します。
・午後からの胃内視鏡も可能です。
(午後からの胃内視鏡を希望される方は、朝食を8時までに摂取し、以後絶食し、16時頃から可能です。糖尿病の方、胃切除後の方、以前の胃内視鏡で残渣が多量にあり、観察できなかった方は午後からの胃内視鏡はお控え下さい。)
・胃内視鏡は経鼻と経口の選択が可能です。
・胃内視鏡と大腸内視鏡の同日実施も可能です。
・麻酔を使用し鎮静状態での検査も可能です。

★経験豊富な内視鏡技師が常在しており、安心して内視鏡検査を受けて頂けます。

 

 

検査当日の流れ

1.検査前

午前の検査の場合は、前日の夜9時までに食事を終えていただくようお願いします。当日の朝は食事をとらずにお越しください。なお、お水やお茶などの水分はとっていただいて構いません。 午後の検査の場合は、検査開始予定時間の7時間前までに食事をおとりください。食事の摂取量はいつもの半量程度でお願いいたします。その後、食事をとらずにお越しください。お水やお茶などの水分はとっていただいて構いません。

2.検査準備

来院して受付などをすませた後、胃の中の泡を取りのぞき胃の壁をきれいにするために、消泡剤(白い液体)を飲みます。次に経口内視鏡の場合は麻酔のスプレーをのどにします。 経鼻内視鏡の場合には鼻出血をしにくくし、鼻腔を広げるために局所血管収縮剤をスプレーし、内視鏡をスムーズに通すために鼻腔に麻酔薬を塗ったチューブを挿入します。

3.検査

検査ベッドに体の左側を下にした状態(左側臥位)となり内視鏡を挿入し、観察を開始します。 患者様のご希望により、鎮静剤(麻酔)を使って眠ったまま検査を受けていただくことも可能です。何らかの所見があれば、組織を採取することがあります。

4.検査終了後

麻酔を使用した場合はリカバリールームで1時間ほどお休みいただきます。その後、結果についての説明をいたします。 組織を採取した場合は病理検査を行いますので、1~2週間後くらいに電話または来院での説明を行います。

 

 

鼻から挿入する経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡検査とは、通常では口から挿入する内視鏡検査(胃カメラ)を鼻から挿入して行う検査です。

口から挿入する内視鏡検査と違い、「オエッ」となりにくい状態で検査を受けることができます。 「オエッ」となるのは咽頭反射(いんとうはんしゃ)といい、舌の根元に刺激があると起こります。経鼻内視鏡は図のように舌の根元への刺激が最小限であるため「オエッ」となりにくいです。 経鼻内視鏡検査を経験された方のうち9割近くの方が「次回も鼻から」の検査を希望されます。 また、経口胃内視鏡検査と違い、検査中に会話ができ、安心して検査を受けることができます。

 

 

 

鎮静剤を用いた胃内視鏡検査

胃内視鏡検査では「オエッ」と咽頭反射を起こすなど、少なからず苦痛を伴うものです。熟練した技術に加え、個々に合わせた最適な量の鎮静剤を併用することで「正確で、苦痛のない」内視鏡検査を受けて頂けるようつとめます。 ※鎮静剤は眠気が残るため、お車の運転は翌朝までお控えください。※鎮静剤を使用した方は検査終了後1~2時間は眠っています。

 

 

時間的負担の少ない胃・大腸内視鏡の同日検査

忙しい方への時間的負担を考慮して、ご希望の方には胃内視鏡と大腸内視鏡を同日に受けて頂けます。必ず事前に予約してください。

 

 

 

 

胃内視鏡検査  概算費用

【健康保険3割負担の方】

※経口・経鼻内視鏡とも同額です。
※初再診料・診察料・薬剤料等を含みます。
※1割負担の方は上記の3分の1程度でお考えください。

pageTop